• HOME
  • 第17回 鷹の会 夜桜能

夜桜能の開催中止のお知らせ

平素は、久留米 萃香園ホテルをご利用いただき、誠にありがとうございます。

2020年3月30日に開催を予定しておりました「第17回 鷹の会 夜桜能」は、新型コロナウイルスの影響に伴うお客様の安全面を考慮し、
開催中止とさせていただくことを決定いたしました。

誠に申し訳ございませんが、何卒ご理解賜ります様、お願い申し上げます。

 

なお、既にご予約いただいたお客様におかれましては当ホテルより個別にご案内させていただきます。

第14回 鷹の会 夜桜能

鷹の会について

福岡を拠点に活動している能楽師 鷹尾維教・章弘 兄弟が2001年1月に発会。
大濠公園能楽堂にて定期公演を行いながら、各地のホールやホテル、地域の文化教室などを通して、能楽の普及を目的とした活動を行っています。

鷹尾維教

鷹尾維教(たかお ゆきのり)

1964年
福岡県生まれ。梅若玄祥(人間国宝)、父・鷹尾祥史に師事
1966年
初舞台 仕舞「猩々」
1983年
56世梅若六郎(現・玄祥)に入門
1992年
独立 披露能「石橋」
2001年
『鷹の会』(兄弟で能の研究と普及を目的とする会)結成
2011年
重要無形文化財能楽( 総合指定) の認定を受ける
鷹尾章弘

鷹尾章弘(たかお あきひろ)

1966年
福岡県生まれ。梅若玄祥(人間国宝)、父・鷹尾祥史に師事。
1976年
初舞台 能「仲光」子方
1988年
56世梅若六郎(現・玄祥)に入門
1994年
独立 披露能「石橋」
2001年
『鷹の会』(兄弟で能の研究と普及を目的とする会)結成
2011年
重要無形文化財能楽( 総合指定) の認定を受ける

 

主催:萃香園ホテル(久留米市櫛原町87 TEL.0942-35-5351)

企画:鷹の会 制作:RKBミューズ

Back to Top