料亭 紫雲筵

萃香園の源流である日本庭園内にある離れ
「紫雲筵(しうんえん)
当ホテル自慢のお庭は四季折々の花が咲き、
料亭からの景色は格別です

料亭 紫雲筵

明治15年。川村安次郎は有志の後援を得て、元鷹匠屋敷跡に鶴盟館の屋号にて茶房を開きました。

明治20年、中国の経済使節王治本氏は、眺望に感ずるところあって「萃香園」と命名改号。

以後、皇室御用達の高級料亭として繁盛し、明治・大正・昭和・平成と135年の歴史を積み重ね今日に至ります。

時を奏す静かに落着いた雰囲気のお部屋は、四季折々に変化を見せる庭に面し、きっと心ゆくまで寛いで頂けるものと思います。

ご結納・お節句祝(3月桃の節句、5月端午の節句)、ご接待、旬の和会席を、ご宴席の内容やご要望に合わせてご用意させていただきます。
また、ご法要後の会食にもご利用いただけます。

 

営業時間変更のお知らせ

この度の福岡県への緊急事態宣言の発出を受け、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けて、お客様並びに従業員の健康と安全を考慮し、営業時間の短縮と変更をさせていただく事にいたしました。

ご不便をおかけしますが、ご理解とご協力を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

【営業時間】20:00まで 5/12(水)〜5/31(月)
※酒類の提供は終日取り止めとさせていただきます。

料亭 紫雲筵のブログ

旬の情報をご案内

料亭「紫雲筵」のスタッフブログへ

 

 

Back to Top